トップページへ移動します。
 
上田信作品の紹介ページです。
 
 
上田信からの最新ニュースをお知らせさせていただくページです。
 
上田信作品・グッズの購入のご案内です。
 
リンクページです。
 
上田信へのお問合せ・お仕事の依頼はこちらからどうぞ。
 
   
 
 

上田信 (うえだ・しん) は1949 (昭和24) 年青森県蓬田村生まれ。学校教員であった父の転勤で、2年ごとに県内各地を移動し、中学卒業と同時に上京。小松崎茂の最後の内弟子として5年間小松崎先生と生活を共にし、作画を学びました。その後、モデルガンメーカーMGC宣伝部に就職し、2年後にイラストレーターとして独立。主にミリタリー関連の仕事を中心に活動を続けています。1969 (昭和44) 年、初めて描いたボックスアートであるタミヤ 1/100「ミニジェット機シリーズ」が好評を得、その後、他のメーカーのパッケージも描くようになりました。
上田はまた、著名な軍装品コレクターの一人であり、ミリタリー研究家としても知られています。
武器、戦闘シーンの緻密な描写には定評があり、著書『コンバット・バイブル―アメリカ陸軍教本完全図解マニュアル』 (1992年、日本出版社) は台湾等でも翻訳出版され、大きな話題を集めました。
現在も、雑誌の挿絵や商品のパッケージイラストを多数担当。ミリタリー、漫画、アニメ、歴史もの、空想科学ものまでジャンルを問わず、また小松崎様式を受け継ぐ絵物語からエアブラシを用いた精密画、カラフルな子供向けイラスト、線描による漫画まで幅広い技法で多彩な作品群を発表していています。

 
 
copyright(c) 2000-2013 ishidaoffice